HOME > 診療方針 2_TDC.jpg


1:標準予防策の遵守

 当院では標準予防策*を遵守し,院内感染の防止に努めます.具体的には患者様ごとに交換するグローブの使用,ミラー,ピンセットなど診察基本セットの個別パッキングによる高圧蒸気滅菌,体内に刺入される可能性がある器具の高圧蒸気滅菌等を行っております.患者さまの立場になった時に,そこで治療を受けたいかを自分自身に問いながら,安全で衛生的な治療システムを構築したいと考えております.


2:歯周病の予防・治療について

 当院を受診された患者様に対しては,一般的にむし歯の治療を希望して受診したかたに対しても,歯面清掃・歯石の除去等の歯周病の治療をおすすめし,定期受診の必要性を説明しております.治療計画については,ご本人の希望も十分に尊重しますので,ご相談ください.歯周病の進行例に対しては手術による治療も検討します.


3:口腔外科の診療について

 口腔外科専門医としての経歴を生かし,口腔外科*および口腔内科*的疾患の初期診断を行い,患者様へ説明します.難症例やCT, MRI等の画像診断が必要な症例については適切に判断し,基幹病院への紹介を行います.    
 口腔内の粘膜が痛い,口を開けようとすると顎の関節が痛いなどむし歯や歯周病以外の症状もご相談ください.親知らずの抜歯等小手術は当院にて行います.
*インプラント治療は現在のところ行っておりません.


4:小児の診療について

 むし歯ができたから受診するのではなく,乳歯が萌出した時点からの受診が望ましく,当院では定期的なフッ素塗布による歯質の強化を図っています.小児のむし歯を撲滅するためには,3歳までの時期にむし歯を発生させないことといわれています.乳歯にむし歯が少なければ,第1大臼歯*は良好な口腔環境内に萌出することになり,むし歯になる可能性が低下します.
 またむし歯になりやすい奥歯のかみ合わせ面の溝を削らずに埋める処置を行っています(小窩裂孔塡塞処置:シーラント).保険治療です.


5:診断後,治療前の説明

 当院での治療はインフォームド・コンセント*,インフォームド・チョイス*の概念に則っとり,行っていきます.患者様が納得できる医療内容を私とともに形成するプロセスを大事にしたいと考えています.








標準予防策(standard precaution)
どの*患者様に対しても,またどのような場合においても実施する基本的感染対策で,「すべての湿性生体物質は、何らかの感染性を持っている可能性がある」という概念を前提にした対策の総称です。


















*口腔外科
口腔およびその周辺組織の外科で,腫瘍・外傷・顎関節疾患・先天疾患等が対象です

*口腔内科
口腔内の疾患を全身的な見地から評価・判断し,内科的アプローチを行います.顎顔面領域の疼痛(舌痛症,三叉神経痛),口腔乾燥症,粘膜疾患等を取り扱いします.


*第1大臼歯
最初に萌出する永久歯の奥歯.乳歯との生え代わりではなく,乳歯奥歯の後方に萌出します.





*インフォームド・コンセント医療において患者さまが十分に説明を受けたあとでの承認を意味します.
*インフォームド・チョイス説明を受けたあとの治療法の選択をいいます.